(公社)石川県鍼灸師会
TOPページ


本会の紹介
本会のあゆみ
組織と役員
会員名簿
ボランティア活動
普及活動

一般の方
はりきゅうのお話
助成券について
保険治療について
会員治療院の紹介

鍼灸師・学生の方   
入会案内
講習会のお知らせ

会員専用
連絡事項

Q&A
よくある質問
お問合せ
リンク





講習会のお知らせ

第2回学術講習会
・令和4年度 
(公社)石川県鍼灸師会 第2回学術講習会
(東洋療法研修試験財団生涯研修単位:2単位)

日時:令和4年11月6日(日)午後1時30分~午後4時
演題:「鍼灸師が慢性疼痛患者を診察する上で必要な知識と技術」
講師:伊藤和憲(明治国際医療大学 鍼灸学部 学部長・教授)

【講習会の概要】
鍼灸治療は昔から痛みに対して効果的であると考えられてきた。
鍼灸治療のエビデンスに関しては、2000年以降、筋骨格系の痛みを中心に
国内外で数多くのランダム化比較試験(RCT:Randomized Controlled
Trial )が実施されており、緊張型頭痛や片頭痛、肩痛、線維筋痛症、
慢性腰痛、顎関節症などの疾患において、痛みだけでなく、QOLや気分の
改善が起こることが報告されている。
そのことから、2021年に発刊された「慢性疼痛ガイドライン」では、
鍼灸治療の推奨度は「弱く推奨する」とされており、痛みに対する
鍼灸治療の需要は今後も益々増加するものと思われる。
このように痛みが軽減するのは、生体内の鎮痛系と大きく関係しており、
鍼灸刺激によりポリモーダル受容器を興奮させ、末梢・脊髄・脳の
鎮痛機構を賦活させている。しかしながら、全ての疼痛患者に鍼灸治療
の効果があるわけではなく、治療抵抗性の患者も多く存在するのが
実情である。

最近の研究では、治療抵抗性疼痛患者に特徴的である破局的思考を持つ
患者では、背内側前頭前野の働きが低下しており、このことが下行性疼痛
抑制系などの脳性鎮痛の働きに影響を与えていることが報告されている。
そのため、鍼灸治療などに抵抗を示す患者の中にも背内側前頭前野の働き
が悪い患者が含まれている可能性があり、鍼灸治療と同時にこの部位を
活性化させるための認知行動療法や頭皮通電、さらにはセルフケアなどで
患者のコンディショニング(養生)し、治療を行うことが大切と
考えられている。

会 場:石川県地場産業振興センター 本館3階 第8会議室
    金沢市鞍月2丁目1番地 Tel:076-268-2010
    (オンラインとのハイブリッド開催)
    会場参加人数    最大20名(先着順)
    オンライン参加人数 最大100名
参加費:石川県鍼灸師会会員    1,000円
    日鍼会会員・準会員・学生 2,000円
    上記以外の鍼灸師     3,000円
申し込み締め切り日:11月2日(水)
※講習会終了後、アーカイブ配信予定です

【参加のお申込みについて】
会場参加の方、オンライン参加の方共に下記の参加申込みフォームから
必要事項をご記入の上お申込みください。
オンラインでのご参加の方は、後日当会からお送りさせていただきます
メールにお振込み先をご案内してございますので、11月3日(木)まで
に参加費を指定の金融機関にお振込みください。
お振込みのご確認が出来次第、ズームミーティングにログインできる
URLおよびID等をお申込みいただきました電子メール宛にご案内
いたします。
オンラインでのご参加の方の領収書はお振込時の受領書とさせて
頂きます。
ご入金いただきました参加費は、返金はいたしませんので予め
ご了承ください。

お申込みフォーム

・お申込みフォームQRコード

・お問い合わせ
  学術部長 光井峰生
  mineo321@kmt.fitweb.or.jp
  TEL.0761-23-1126







Copyright © 公益社団法人 石川県鍼灸師会 All Rights Reserved.